老後の生活のためにいくら備えておくべき?

答えは『1億円』です。

この額は、65歳からの20年間を、健康体で困らずに贅沢をガマンし生活するのに必要な額です。
しかしながら金額があまりに大きすぎて現実味を感じられません。
ではもっと現実的な段階からみていきましょう。

年金受給までの無収入期間を乗り越えるために

65歳の少し前、60歳の時点で多くの方は定年退職を迎えますので、生活はがらりと変わります。今は60歳で定年退職をしてもその後仕事を続ける方が増えてきましたが、その方々でも収入はガクンと落ちる方がほとんどです。
現時点では年金受給は基本65歳からですので、定年退職を迎えてから年金受給までの生活費が必要になってきます。

まず必要な額は「最低2000万円」です。

夫婦二人の生活費はおおよそ30万円前後。
今から60歳まで仮に20年あるとして2000万円を貯めるためには年間100万円を、この先20年以内に必要な貯金とは別に貯金していかなくてはいけません。

年間100万円だとなんとか頑張れそうな気もしますが、夫婦お二人以外に扶養している方がいらっしゃればその方の生活費もプラスしなければいけません。お子さんは社会人になられていますか。親御さんの生活はいかがでしょうか。住宅ローンは完済していますか。インフラ整備に伴いこれからますます物価が高くなっていくかもしれません。現在65歳の年金受給開始年齢が引き上げられることも容易に考えられます。

年金受給開始年齢が仮に70歳に引き上げられれば「まず必要な最低額」は単純に考えると最低4000万円になります。20年間毎年200万円を貯金しなければなりません。

無事に毎年こつこつ200万円を貯金していくことができているとします。ここで怖いのが貯金の限界です。2000万円の預金額を印字した通帳を手にした50歳。少しくらい贅沢してもいいのではないかという気になってしまうのが人間です。
家族旅行がしたい、新しい車がほしい、そろそろ家電を買い替えたい、リフォームしたい。

4000万円では老後の生活は乗り切れないかもしれないのに、たくさん貯まっていて満足してしまう。本当にいくら貯めればいいのかがどんどんわからなくなってきてしまいます。
実際に現在50代男性の約4割が老後難民予備軍なのです。

年金だけでは生活できない現実

さらに注意しなくてはいけないのが、この最低必要金額4000万円貯めれば終わりというわけではないこと。
これはあくまで年金受給開始までの生活費です。
70歳以降まだまだ人生は続きます。内科、耳鼻科はもちろん、歯科や整形外科にもたくさん足を運ぶことになるでしょう。今は医療費負担が実質1割でも、我々がその時期を迎える頃には3割負担なんてこともありえる話です。
生活費は30万円必要なのに年金受給額は月々20万円程度。毎月10万円以上の赤字です。しかし収入がないので埋めることは貯金を切り崩すしかありません。

お金の話は頭が痛くなります。
しかし早く把握しておかなければいけない重要なこと。
実際この先いくらお金が必要なのか、漠然とした一般論ではなくご自身の人生の見積もりを、専門家等に相談をして現実を把握し賢く備えていきましょう。

保険最新記事

終身保険を活用した相続税対策
一時払い終身保険で老後資金を工面
低解約返戻金型終身保険で老後資金を貯蓄する!
老後のケガや病気に備えられる医療保険
個人年金保険で老後の生活費